スポーツジムで成果が出ない時のチェックポイント

男子力 2017.6.22
スポーツジムで成果が出ない時のチェックポイント

「ジムに通っているのに成果が出ない」というお悩みはありませんか?
ジムに行ってマシンを使って体を動かせば、何となく体は変わりそうですが、実はそうではなく、成果を出すためには外せない「トレーニングのポイント」がたくさんあります。
今回はそのポイントについて解説しますので、思うように成果が出ていないという方はぜひチェックしてみてください。

■トレーニングの目的が明確になっているか?

トレーニングは目的によって種目選びや負荷などの設定が変わってきます。
例えば、スポーツのパフォーマンスを上げたい場合と減量をしたい場合では
トレーニング内容は全く違うものになります。
まずは自分のトレーニングの目的が明確になっているかを見直しましょう。

 

■種目選びが適切か?

自分のトレーニングの目的が明確になったら、次はその目的に対し、トレーニング種目を
適切に選べているかを確認しましょう。
自分の得意な種目を選んでいないか、使い方のわからないマシンを避けて種目設定が偏っていないかなど、一度しっかりとチェックします。

■マシンの使い方は合っているか?

ジムに設置してあるマシンは、もともと動作の軌道が決まっているため、正しい使い方ができていなくても
動かすことができます。
しかし、いくら動かしていても正しいフォームでできていなければ、筋肉を刺激できず
トレーニングの成果は得られません。
マシンの使い方、フォームが合っているかを見直ししましょう。

 

■負荷設定は合っているか?

負荷設定もトレーニングの成果に大きく影響します。大事なのは、とにかく重いウエイトを使うことではなく、自分のトレーニングの目的に合ったウエイトを使うことです。
例えば、筋肉を太くしたい場合は1RM(一回挙げられる重さ)の85%が適切な負荷となります。
目的を明確にしたら、それに合わせて負荷も調整するように見直しましょう。

■セット数は合っているか?

セット数もトレーニングの成果に大きく影響します。
これもトレーニングの目的によって異なりますが、筋肉の性質上、基本的には最低でも3セットは行う必要があります。
セット数もあやふやにするのではなく、何セット行うか明確に決めて行うようにしましょう。

 

いかがでしたか?
トレーニングで成果を出すには、まず目的を明確にし、その目的に合わせたメニューを行うことが重要です。
一度、自分のトレーニング内容見直してポイントをチェックし、効率よく成果を出していきましょう。

< in Shape 一覧に戻る