背中痩せダイエットの効果的な方法!

女子力 2017.4.11
背中痩せダイエットの効果的な方法!

女性の体のパーツの中でも、印象に大きく関わる部位の一つが「背中」ではないでしょうか。
たるんだ背中やブラの上に乗ったハミ肉は、それだけでも老けて見えてしまいます。
特にこれからの季節、薄着になると背中の露出も増えてきます。
服もメイクも完璧なのに、背中のたるみで一気に台無し、なんて絶対にイヤですよね。
そこで今回は、背中痩せのダイエット方法を解説したいと思います。

■背中太りをチェック

ダイエットをしているつもりでも、背中はたるみっぱなしなんてことはないでしょうか?
まずは、背中太り度をチェックしてみましょう。
以下のようなことが当てはまる方は要注意です。
・下着を外した時に食い込みの跡がクッキリつく
・背中のシルエットが三角形よりも四角形に近い
・背中の溝が浅い

 

■背中太りの原因は?

背中太りの原因は以下のようなものがあります。

・猫背の姿勢
普段からデスクワークが多い方やスマホをよく使う現代人は、長時間に渡って前のめりの姿勢でいるため、猫背の人が多いと言われています。
猫背になると背中が丸まって背中の筋肉を使わなくなるため、背中に脂肪がつきやすくなります。
・運動不足
筋肉は年を重ねるに連れて衰えていきますが、背中の筋肉も例外ではありません。
特に、背中の筋肉は日常的に大きく動かす頻度が少ないので、比較的衰えやすいため、定期的に運動をして背中の筋肉を使う習慣がなければ、
たるみにつながり、背中太りの原因となります。
・座りっぱなしのライフスタイル
電車やタクシーでの移動、デスクワークの仕事、スマホをいじって過ごす時間・・
このようなライフスタイルはほぼ一日中座って過ごしていることになるため、
背中の筋肉がほとんど使われません。
そのため、背中の筋肉が活性化されず、脂肪がつきやすくなります。

■背中痩せダイエットのエクササイズ

ここでは背中痩せダイエットに効果的なエクササイズを紹介します。

 

・スーパーマン
床にうつ伏せになり、両手と両足をまっすぐ伸ばします。
そのまま、背中とお尻に力を入れて両手と両足を浮かせ、スーパーマンのようなポーズをとります。
30秒キープし、3セット繰り返します。
・アクアマン
スーパーマンのエクササイズの姿勢から、次は右手と左足、左手と右足を交互に持ち上げます。
両方あげて1回とし、10回を3セット繰り返します。

いかがでしたか?背中太りの原因はライフスタイルと筋肉の衰えにあります。
日常生活の中でも背中の筋肉を使う機会を増やしたり、定期的にエクササイズをして背中痩せを成功させましょう。

< in Shape 一覧に戻る